Google Mapと有料化事情

  • Google Mapと有料化事情

    • Googleはアメリカ西海岸のロサンゼルスに程近い、シリコンバレーという都市に存在します。

      一流のGoogleMapの有料情報は信頼性が高く、好評です。

      このシリコンバレーには他にも時価総額で世界トップレベルのIT企業がいくつもあります。このようにシリコンバレーと聞くと優れたIT企業の集まる未来都市のようなイメージを持ってしまいますが、本当にそうでしょうか?この辺りは昔は土地も安く、現地の貧しい人達も何とか暮らしていけました。しかし、IT企業の町と変わってからは土地代がはね上がり、家賃を払えなくなってしまったかつての人達が浮浪者となってしまっているようです。


      道路状況なんかもイメージとは反対に整備が全く進んでいません。


      これは、この地に存在するIT企業が巧みに税金逃れをした産物だと言う人もいます。一方で、Google社員は優雅で自由奔放な暮らしが可能なようです。


      家賃が高いと自家用車を購入して車で生活ができるくらい恵まれています。


      Googleでは敷地内に使い放題の食堂やシャワールームが完備されているため、寝る以外の空間として何でもできるのです。GoogleMapのようなMap機構を無償ではなく、もっと有料化して、そのお金を地元に寄付する等してシリコンバレーの裏側を正常化したいものです。


      特にGoogleMapは今後のMap機構とAR/VRとの融合でとてつもなく進化を遂げることでしょう。



      有料化しても誰も文句は言えない技術になってほしいです。



      Map機構とシリコンバレーの裏事情が有料化という視点で反比例しない日がくるのを望みます。