Google Mapと有料化事情

  • GoogleのMapは有料になることがある

    • 店舗や企業のウェブページには所在地を知らせるための地図を載せてあることが多いです。


      この地図は画像ではなく、リアルタイムに動かせるインターネット上にある地図です。

      GoogleMapの有料の有益な情報をお届けします。

      所在地以外の情報も閲覧者に伝えられるとして、非常に便利なツールなのですが、その中でも取り分け多くのウェブページで使われているのが、Googleが提供するMapです。目的地や周辺情報など基本的なことはもちろんのこと、Map上に様々なカスタマイズを施すことが出来ます。


      たとえば特定の座標にマーカーを設置したり、あるいは計測をしたり、そのカスタマイズは無限大であるため、Googleが提供するMapを利用したサービスはたくさんあります。

      色々なところで、様々なかたちで使用できるGoogleのMapですが、使い方によって有料になることを忘れてはいけません。



      特定の期間のアクティビティが高く、さらにそれが継続をすることでGoogleから有料ライセンスの購入を求められる場合があります。
      有料の案内をされた後はそのまま使い続けることもできますが、次第に制作したコンテンツが利用できなくなっていくので、早めの有料ライセンスの購入をおすすめします。



      様々な用途で便利に使えるMapですが、このように条件によって有料になる場合があるのです。
      個人のウェブページであれば心配する必要はほとんどありませんが、企業や店舗のウェブページを運営する際は気をつけてみては如何でしょうか。